2009年12月07日

枕の選び方☆そばがら枕の特徴

安眠・快眠するなら、日本人はやっぱりそばがらが良いと枕選びしてる方結構いるのでは、ないでしょうか?


長年そばがらを愛用してる方また色々試してみてそばがら枕に戻る方も多いみたいです。


そばがら枕の魅力は、なんといっても吸湿性と熱がこもらないことでしょう。


そば殻のカール状の隙間の部分に、空気をたっぷり取り込み、吸湿、また通気によって放熱をし、夏場でも、熱がこもりにくいです。


あのひんやり感!一度体感してしまうと病みつきになりそば殻枕を選んでしまいますよね。


湿度の高いジメジメした6月〜8月を快適に過ごしたい方は、お奨めです。


あとお好みの高さに自由自在に調節が可能です。お天気の良い日に洗って入れなおすことも可能です。


枕の高さどうもしっくりこないな〜とか。いびき・肩こりが解消しない方などは試してもいいかもしれませんね。


以下このような方にそば殻枕がお奨めです。

・いびき・肩こり解消したい方

・どちらかと言えば、「フワフワ」の柔らかめより、適度な「カッチリ」めがお好みの方

・枕が熱くなったら、眠れない方

・寝返りの時、少しカサカサ音がしますが、あまり気にならない方

・お蕎麦屋さんの前を通っても問題ない方! 「そばアレルギーの方」にはNGです!

・時々高さを変えてみたい方…(高さに関しては簡単に調節が可能です) ★ 逆に、フワフワの柔らかめや、そばアレルギーの方、昔ながらの羽根枕がお好みの方にはこのそばがら枕はあまりお勧め出来ません。


ただ注意してもらいたいのが、虫の問題です。


天然の穀物の殻ですから、ビニール袋などに入れ、湿気のある場所に長期間保管しますと 小さな虫(チャタテ虫等)がわく恐れがありますのでご注意ください。


虫の対処方法は、必ず屋外で、お天気の良い夏場に時期にです。
新聞紙のようなものを広げた上に、いったん枕からそば殻を全部出していただき、広げて乾燥させます。


穀物類に付く虫は、直射日光の乾燥と高温を嫌いますので、庭先等の屋外で自然に逃げ出します。可能ならば水洗いし、新聞紙に広げて直射日光に干してください。


そばがらなんて古臭いと言わず、まだ試したことがない方!


快眠・安眠するために またいびき・肩こり解消に古き良きそばがら枕試してみる価値ある思います。


枕選びにそばがら枕も検討してはいかがですか?


posted by セバスチャン at 14:50| Comment(0) | 枕の選び方と枕の素材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。