2010年01月18日

枕とマットレスの相性と選び方

マットレスの硬さに合わせて枕の選び方を変えていますか?


そうしないとどんな品質の良い枕でも、肩こり・首痛を解消できません。


確にピローフィッターに頚部をはかってもらってから枕をすすめられると安心してしまいますが、それだけでは、熟睡できる快眠枕・安眠枕は手にはいりません。


寝床の環境は、どのような状況ですか?

ベット派ですか?

布団派ですか?


マットレスの硬さ軟かさによって体全体の沈みかたが違うためピローフィッターの計測では不十分です。


男性は一般的に女性より高い枕が必要といわれていますが体全体が綺麗に沈み込むマットレスを使用していれば薄くて差し込むような女性より低い枕がベストなこともありえるのです。


今後首痛・肩こり解消枕を選ぶ際は体の沈み具合も考慮して枕の高さを選ぶようにしてください。


一番理想なのはマットの購入時にベストな枕を選ぶと失敗することは少なくなるでしょう。
posted by セバスチャン at 20:30| Comment(0) | 枕とベッドの相性と重要性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。