2011年02月10日

枕の洗濯方法と注意点


(まくら)の素材によってメンテナンスお手入れ方法は異なります。


水洗いができる洗濯可能な素材と、そうでない素材がありますので、確認した上で正しいお手入れをするようにしましょう。


洗濯可能な素材>

 パイプ枕
 コルマ
 ヒノキ
 中空繊維を使用したポリエルテルわた(※一部の水洗い可能な枕に限る)
 ビーズ(※一部の水洗い可能な枕に限る)


<水洗い不可の素材>

 低反発ウレタン
 羽根・フェザー
 そばがら
 ラテックス・高反発素材


水洗い可能な素材は、枕の取り扱い説明書もしくは品質表示のラベルを見て、その枕に合ったお手入れ方法で洗濯するようにしましょう。


ただし、洗濯機洗いが可能な枕であっても、ドラム式の洗濯機をお使いの方は注意が必要です。
ドラム式洗濯機の場合は、クッションや座布団、枕などの使用ができない機種のものがほとんどです。


その場合は、洗濯機洗いが可能な枕であっても、枕がつぶれてしまったり、傷んでしまう恐れがありますので手洗いで洗濯するようにしましょう。


また、洗濯機で枕を洗える場合でも、乾燥機は絶対避けるようにしてください。


枕の洗濯については、枕と洗濯機それぞれの取り扱い説明書を確認したうえでお手入れするようにしましょう。


水洗い可能なものは、手洗いは一番ベストです。
posted by セバスチャン at 22:30| Comment(0) | 枕のお手入れ方法とメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。